メンタルモデルとは? |コンセプト 法人のみなさま
トップ »  法人のみなさま  »  コンセプト  » メンタルモデルとは?

メンタルモデルとは?

メンタルモデル(認知心理学)とは、誰もが心の奥底に持っているイメージや仮説のことです。

私たちは、事実をありのまま受け入れるのではなく、独自の思考のフィルター(メンタルモデル)を通して捉えます。 つまり、認識や意思決定は、常にメンタルモデルに影響されています。
例えば、犬に噛まれた経験のある人は、どんなにおとなしい犬を見ても、無意識に「噛まれるのではないか」と恐怖を覚えます。 そのような人は、「犬は怖い動物」というメンタルモデルを構築します。
同様に、マニュアル的な仕事を続けてきた人は、「自分で考え、創意工夫してチャレンジすることが不安である」というメンタルモデルを構築します。メンタルモデルがいったん構築されると、意識して変えようとしない限り、私たちの思考はメンタルモデルに支配され続けます。
「学習する組織」の概念を広めたピーターセンゲ(MIT Sloan School of Management・director)は、メンタルモデルが学習を妨げたり、逆に進捗させると言っています。

参考図書
■「最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か」ピーター・M. センゲ (著), 守部 信之 (翻訳) /徳間書店
■ 「フィールドブック 学習する組織「5つの能力」 企業変革を進める最強ツール」ピーター・センゲ (著), 柴田 昌治 (翻訳) /日本経済新聞社

このページの先頭へ

コンセプト